エロスの種子 結末 ネタバレ 【果てた途端、気絶するように…深い眠りに落ちた…】

エロスの種子 結末 ネタバレ

エロスの種子は
人間の成長と共に
発芽して 育つもので

それが
何かの刺激で
早くに芽が出てしまうと

未熟な体に
歪な形で根を張り
茎を伸ばし

時として、 毒草となる

 

↓エロスの種子はここで読めますよ!
>>まんが王国はこちらから<<

 

エロスの種子~ジゴロ~ ネタバレ

 

先に手を出したのは、凛のほうだった。

“私は お母さんみたいにならない
 好きになったら
 その人だけをずっと好きでいる”

 

そう言い、自ら六郎にキスをした…

 

凛が六郎にキスしたことが耳に入ると
雅美は嫉妬に狂い
娘の凛に怒りをぶつけた。

そこには母性のカケラもなかった…

 

その数日後…

店にいた六郎に電話をし、
凛は帰って来てくれといいます。

凛はバイト帰りに襲われたと言い、
レイプはされなかったものの
傷だらけになっていました。

 

”私やっぱり
 ロクさんが好き”

 

抱きついたのも 凛からだった。

 

  びくっ

あ…

 

”すまん 凛
 優しくしてやれそうもねぇ…”

”ロクさんの好きにして”

 

六郎は
あまりの気持ちよさに
果てた途端
気絶するように
深い眠りに落ちた。

 

 

ピンポーン

 

”伊崎六郎だな  
 強姦致死の容疑で逮捕する”

 

罪状は

内縁の妻の娘を
待ち伏せし襲い掛かり
無理やり蔵村に引きずり込み
性交渉に及んだ…

ということらしい。

 

凛の体内からは六郎の精液が採取され
なにより、凛本人の証言が証拠とされた。

 

なんでだ…凛

 

面会に来た雅美からは
別れを告げられ、
組からも絶縁状を送り付けられた。

 

長い塀の中の生活が終わり、
41歳になった六郎は出所した。

道の先には凛が迎えに来ていた…

 

 

>エロスの種子 本編へ<<
*エロスの種子で検索してくださいね

 

エロスの種子~ジゴロ~ 感想

凛はしたたかだな…
母親を見て育っているので、
全てが母親と真逆な女性に成長したんでしょうね。

それでいて、これって思った男は
絶対手に入れるところは
母親と似ているのかもしれないです。

六郎を母親ややくざから引き離し
自分のものするために
まずは六郎も騙すって。。。

同じ女として見てもスゴイ!のひとこと。

 

 

作者 もんでんあきこ
出版社 集英社
掲載雑誌 グランドジャンプPREMIUM
ジャンル 青年漫画> 恋愛
キーワード 短編 愛憎劇 時代モノ 三角関係 人情
配信 2巻 まで配信

 

⇒まんがの試し読み、入会方法などはこちらから

 

 

 

関連記事

エロスの種子 ~因果~ 珠子
親子ほどの歳の差はあるが、戸籍の上では自分の妻だ…
その入り口は… まだ男を知らなかった…

エロスの種子 ~人形~ 鞠子
女にはね、エロスの種があるの…ここに…快楽を感じるだけのためにある突起が
女を抱きたくて抱けない男、抱かれたくても抱かれることができない女…その狭間で

エロスの種子 ~ジゴロ~ 凛
先に手を出してきたのは凛のほうだった…
果てた途端、気絶するように…深い眠りに落ちた…

 

 

 

 

 

 

エロスの種子 ジゴロ ネタバレ【先に手を出してきたのは凛のほうだった…】

エロスの種子 ジゴロ ネタバレ

エロスの種子は
人間の成長と共に
発芽して 育つもので

それが
何かの刺激で
早くに芽が出てしまうと

未熟な体に
歪な形で根を張り
茎を伸ばし

時として、 毒草となる

 

↓エロスの種子はここで読めますよ!
>>まんが王国はこちらから<<

 

《エロスの種子~ジゴロ~ ネタバレ》

六郎が凛と初めてあったのは
凛がまだ小学生だったころ。

六郎が、凛の母親 雅美としているところを
凛は覗いていた。

 

あ いいっ

   ああっ…

もっと

 

六郎はプロボクサーで
世界タイトル戦を目前としていたとき
網膜剥離になった。

夢を絶たれ、六郎は荒れ
金は夜遊びであっという間になくなり…

 

雅美のスナックに入ったのはたまたま。

雅美から、用心棒をすれば
飲み代タダにするといい
六郎は雅美の家に転がり込み
ジゴロになった。

六郎は、雅美の店に面倒をかけたヤクザを
ボコボコにして
組事務所に送りつけることなど
なんてことなかった。

それが、逆にスカウトされることになり
六郎はすっかり組の人間になってしまった。

 

夕方雅美は店に出て、
六郎は凛と二人で夕飯をとってから店に行く。
そして、雅美を連れて朝方帰る…
この繰り返しの日々

 

この生活も、だんだん変化してきた。

そして、凛は美しく変化していた。

 

雅美は、六郎以外に男をつくり
家に呼ぶときは、凛は外に追い出される。

その日も、凛は公園のベンチで時間をつぶしていた。

そこに六郎がとおりかかり… 

 

先に手を出したのは、
凛のほうだった。

 

 

>エロスの種子 本編へ<<
*エロスの種子で検索してくださいね

 

《エロスの種子~ジゴロ~ 感想》
凛は普通に、母親が男性としているところを目にしていたけど
親がしているところ見るのってショックじゃなかったかな。

私は、子供のころ
声を聞いてしまったことがあった…
最初はよくわからなかったけど
だんだんそれが何の声かわかってきて
夜中壁に耳を押し当ててたっけ…..

そして凛の母親は
六郎と一緒に暮らし始めたと思ったら
別の男と付き合うって…
娘だったらかなり複雑な心境…

 

だから一途になったっていうのはあるけどね。

テクは母親のを見て覚えたのか??

 

作者 もんでんあきこ
出版社 集英社
掲載雑誌 グランドジャンプPREMIUM
ジャンル 青年漫画> 恋愛
キーワード 短編 愛憎劇 時代モノ 三角関係 人情
配信 1巻 まで配信

 

⇒まんがの試し読み、入会方法などはこちらから

 

 

 

関連記事

エロスの種子 ~因果~ 珠子
親子ほどの歳の差はあるが、戸籍の上では自分の妻だ…
その入り口は… まだ男を知らなかった…

エロスの種子 ~人形~ 鞠子
女にはね、エロスの種があるの…ここに…快楽を感じるだけのためにある突起が
女を抱きたくて抱けない男、抱かれたくても抱かれることができない女…その狭間で

エロスの種子 ~ジゴロ~ 凛
先に手を出してきたのは凛のほうだった…
果てた途端、気絶するように…深い眠りに落ちた…